2018年最後の日に

メッセージ - - 照子

 

平成30年、2018年もいよいよ最後の日となりました。

 

大晦日は今年一年を振り返り、次の新しい年を想う日。

 

一年のつみけがれを祓い落す日です。

 

罪穢れというと、何かすごい悪いことをしたように聞こえますが^^;

 

そうではなく、

 

人間が地上の世界で生きている以上、自分だけでなく周りからもいろいろなアカやホコリのようなものを被っていて、自分もそれに知らない間に同調したりしているうちに、それがじぶんのケガレとなって、自分のエネルギーにもくっついているということだと思います。

 

自分が発した発言は言霊となりますし、自分が身に着けている洋服の色も、色霊として観ることもできます。

 

つまり、発言も持ち物も、すべて自分自身の波動となっているんですよね。

 

そして、周りからの影響も知らない間に受けています。

 

そう思うと、すべてはエネルギーの世界、目に観えない世界がじつは大半で、自分がそれに気づいていないで生活していると分かりますよね。

 

そのような一年のものを払い落として、すっきりときれいになって、新しい年の創造へ向かうこと。

 

大晦日はそのような日なのだなと思います。

 

実際に、大掃除をしたりするのも、自分や家をきれいにすることは、エネルギーで見ても大事なことですし、昔から、年神様が新年にやってくるために、身の回りをきれいにして、神様をお迎えしていたのですよね。

 

玄関に飾るお正月飾りは、年神様に、ここですよ、という目印として飾るのだとか。

 

つねにかみさまとともに、自然とともに生きてきた日本人の心があるな〜と思います。

 

実際に、身体にもデトックスが必要なように、不要なものはきれいにして、つねに新しくしていく、そのように新年を迎えたいと思います。

 

どうぞ良いお年をお迎えください。

 

来年は元号も変わり、新しい時代が始まりますね。

 

どんな時代になるのか、ワクワクしますが、時代がどれだけ変わっても、変わらないものは、人の心、ハート、愛、光、なのだと、本当にそう思います。

 

それが人の本質、本当の美しい姿。

 

次の新しい年も、本来の姿で生きられるような世界を、どんどん「創造」してまいりましょう。

 

今年もブログをお読みいただきまして、ありがとうございました!

 

無料ブログ作成サービス JUGEM