春の息吹

- - - 照子

 

春になり、いっせいに自然界が芽吹いているのを感じますね。

 

樹の幹から、小さな新芽が吹きだしていました。

 

 

 

 

春の定番のたんぽぽ、可憐だけれど、どこでも花を咲かせる生命力。

 

原っぱだけでなく、コンクリートでもアスファルトでも、

 

ちょっとの隙間でも根付きますね。

 

 

 

 

 

 

桜は、昼に観ても夜に観ても美しい。

 

夕方、少しだけ日がかげってきたときも、はっとする色でした。

 

 

 

 

 

柿の木の新芽です。

 

柿はぐんぐん伸びるので、

 

葉が観えてきたと思ったら、あっという間に枝も伸びています。

 

新しく伸びたところは、まだ緑色の枝なのでよく分かります。

 

一日何センチ伸びているのでしょう。

 

のびやか、とは、まさにこんな感じ。

 

 

 

無料ブログ作成サービス JUGEM