躾(しつけ)−2

クリスタルチルドレン comments(0) trackbacks(0) 照子

こどものアトリエを始めて、10年近くになります

来てくれるお母さんたちから、こどもをどうやって叱ったらよいか分からない、どのようにしつけたらよいか分からない、と、相談されることもあります。

その悩みは、「しつけ=叱る」と思っているからではないかな、と思いました。

「しつけ=躾=身を美しく!」と考えると、まったく違うものに見えてきます

たとえば、元気よく挨拶をするとみんなも元気になるよ、きちんとお片付けをするとすっきりして気持ちよく過ごせるよ、など。

自分と、身の回りを美しく整えることは楽しいことだよ、と教えてあげるのも、一つの方法だと思います

ありがとう、ごめんなさい、を、どういうときに使うか、教えてあげるのもよいですね

アトリエでは、お片付けも工夫しています。

お母さんがお迎えに来るときにぜーんぶ片付けてきれいにして、びっくりさせようね!と言うと、がんばって片付けてくれます。^^

こどもはお母さんが大好き。

だから、お母さんのためにがんばります。

マナーや礼儀作法は、できるだけ楽しく教えてあげる。

工夫がいりますが、大人が楽しく考えれば、こどもにも楽しく伝わると思います

どうしても言うことを聞いてくれないときもあります。

こどもだって、感情があるので、仕方ないですね

そういうときは、根競べ!(笑)

根気も子育てです。(笑)

こどもが分かるまで、じっくりお話ししてあげるとよいですね。

1回だけでは分からなくても、こどもは意外といろいろなことを覚えているので、あとから思い出して、きちんとやってくれることもあります

電車の中で大きな声を出さないでね、と言っても、そのときは、そのとおりにしてくれないのに、お友達には、「電車の中で大きな声を出しちゃだめなんだよ!」と注意していたり。(笑)

本当は分かっている、と信じてあげることも、親の愛ですね〜

コメント一覧
コメントする

 

トラックバック

この記事のトラックバックURL

無料ブログ作成サービス JUGEM