クリスタルが育つと・・・

クリスタルチルドレン comments(0) trackbacks(0) 照子

我が家のクリスタルくんは、16歳、高校1年生になりました。^^

早いです、本当に。

小さいころ、花や空や月が大好きで、満月のときは、何時間でもベランダから月を眺めているような子でした。

いろいろな植物をほしがるので、ベランダには、花や植木がいつもいっぱい!

遊び道具は、「自然」そのものでした。

ハムスターのお世話をしたり、果物の種を植えたり、みかんの木についた青虫が蝶になるのを眺めたり。

うちは街中に住んでいるので、きれいな自然とおいしい空気とはほど遠い環境ですが(苦笑)、どんな場所でも、クリスタルは、自然の美しさを見つけるんだな、と思いました。

テレビゲームの代わりに、空き箱などの廃材を使って工作をして遊んでいました。

おかげで、学校に行くようになってから、授業で家の模型などを作ると、いつも展示されたり、アート展に出してもらったりしていました。

学校は集団生活ですので、それなりに気を使うこともあったようですが、どのように問題を解決していくか、という勉強にもなりました。

そして、学校のメリットの一つは、いかに場を創るか、という練習になることだと思います。

自分からポジティブな雰囲気を出し、お友達にもそのように接して、笑顔で明るく過ごしていると、周りに集まるお友達も、そのような子が増えていくようです。

類は友を呼ぶ、なのですね。

学校はたくさん生徒がいますから、もちろん、いじわるなタイプの子、大人に隠れて良くないことをする子もいます。

どこの学校も同じだと思います。

その中で、自分から場の空気を創っていく、ということは、むずかしそうに見えますが、やってみると、意外とかんたんにできるようです。^^

まだ息子が小さかったとき、「ママが言うように、いつもニコニコしていたら学校が楽しくなったよ!」と言ったことがありました。

毎日笑顔でいたら、笑顔が多い明るいタイプの子たちが集まってきたようです。

笑う門には福来たる!

高校生になった今、ますますその傾向が強くなったようです。^^

そして、クリスタルにはクリスタルが集まるんだな〜と思いました。

たまに息子の友達に会うと、みんな純粋で明るい子ばかり!

これから成人して社会に出ていくときも、クリスタルらしく、愛と光を広げていってもらいたいと思います。

コメント一覧
コメントする

 

トラックバック

この記事のトラックバックURL

無料ブログ作成サービス JUGEM