5D(以上)日記ー4

5D(五次元) comments(0) trackbacks(0) 照子

◎5D(以上)日記ー4 2011年2月2日 

この5D以上日記は、「5Dから始める」という趣旨です。

いかに5Dになるか、ではなく、すでに5Dにいる状態からそれをサイエンスする、というものです。

今日は、5Dにいる自分、をイメージしてみました。

一番分かりやすいのは、5D以上にいるハイアーセルフです。

ハイアーセルフが降りてこられる一番下の次元は、5次元までです。

五次元が、ハイアーセルフと出会う場所なのですね。

では、5Dから見ると、地上セルフはどう見えるのだろう?

ふと、そんなふうに思ったんです。

自分が5Dの世界にいて、3Dの地上セルフを眺めたら?

イメージしてみました。

そのときに、5Dのハイアーセルフから届いたメッセージは…

「何もかもが愛おしい」

でした。

地上で試行錯誤しながら、ライトワークをしている、制限のある世界で、アセンションへ向けて、光を発現しようと努力している・・・

5Dからそんな世界を見てみると、それは、「親心」でした。

がんばれ、って言いたくなります。

実際に5Dにいるハイアーセルフは、愛と光と信頼のみの世界に存在しています。

その世界の言葉で言えば、親心とは、何もかもが愛おしい、と、表現されるのでしょう。

なんという愛なのだろう。

これが5Dの世界でした。

コメント一覧
コメントする

 

トラックバック

この記事のトラックバックURL

無料ブログ作成サービス JUGEM